サイトリニューアルとアメーバブログ

サイトリニューアルとアメーバブログ

はじめに

こんにちは。株式会社HUMOの江鹿正行です。

さて、本日はアメーバブログについて少しお話をしたいと思います。

WEB集客のご相談やサイトリニューアルのお仕事の相談をしている際などに、頻繁に遭遇するのが「ブログはアメーバブログを利用している」という状況です。

特に「サイトリニューアル」の際には、アメーバブログの存在は非常に扱いが悩ましいことが多いです。

これは、新規のホームページ制作の場合にはあまり発生せず、その理由は、動物病院のアメーバブログを運用している=既に動物病院は稼働していて、ホームページも存在している状況である、と考えることが合理的であるからです。

このトピックスのお話をする場合には、似たような内容ですが抑えなければいけない議論というのは大きくは2つ存在しています。

  1. アメーバブログでの運用と自社サイトでのブログ運用の違い
  2. 無料ブログの運用と自社サイトでのブログ運用の違い

「無料ブログ運用と自社サイトでのブログ運用の違い」についてはまた別の投稿にて弊社の考えを述べたいと思っている次第です。

動物病院のブログ運用について

2016.01.08

今回は、無料ブログの中では最有力候補となるアメーバブログの動物病院運用の活用とそのタイミングについて、述べてまいります。

アメーバブログの是非

まず現在利用できる無料ブログは非常に沢山の種類が存在しています。

アメーバブログを筆頭に、はてなダイアリー、FC2ブログ、SeeSaaブログ、ライブドアブログなどなど、他にもたくさんの種類が存在しています。

既に、これらのブログにて運用をされている動物病院は、きっと一度は「無料ブログ 比較」など検索ワードでブログ比較などもされたことがあるのではないでしょうか?

無料ブログの種類にもよりますが、メリットは以下のようなものがあります。

  • 手軽に始めることができる
  • コミュニティー内においてのつながりが作りやすい
  • 動物病院がある地域に住んでいる、またはその関連の地域名や駅名を書いているブログなどを探して、足跡を残し、コミュニケーションをとっていくことができる点

など、地道な努力が集客につながる可能性はもちろんありますし、有効活用をしっかりと行えば効果が無いとは言い難い事実があります。

そして、「動物病院がブログを運用する」理由から逆算すれば、概ね無料ブログの中から選択するのであればアメーバブログが一番であろうという結論に至る人も多いのが事実だと考えられます。

これは例えば、FC2ブログはアダルト属性のサービスが存在していたり、はてなダイアリーはその時々の時事ネタや書評などの話題が多いなど、そのブログコミュニティーが持っている特性なども加味すると、やはり無料ブログの中では「アメーバブログ一択」が導き出される結論であろうと推察します。

一方で、地域属性の強いコミュニティ形成には、そもそもブログが不向きでFacebook等の方がよほど用途に適っている、といったポイントはここでは除外してお話をしています。

一方で、これらのメリットがどうであるか?という点よりも一番注意が必要なのは「動物病院としてのブログの活用目的」および「動物病院としてのブログの活用期間」に他なりません。

ブログの活用目的

動物病院の中でも非常に、不明確なもののひとつがこの「ブログの活用目的」です。

「日々の情報発信に活用する」「ウェブ集客」「既存のお客様のリテンション施策」などなど、代表的なものを3つほどピックアップしてみました。

まず、第一に重要なものとして、無料ブログを選ぶということは、これらのブログ運用目的の第一ターゲットそのものが同様のブログ活用者に限られているという点があります。

日々の情報発信であっても、WEB集客であっても、あるいは既存のお客様に向けたサービスであったとしても、それぞれの無料ブログのメリットとして存在している機能はすべてそのブログコミュニティーの中に限定されていることを加味すると、「動物病院のブログ運用目的のターゲットをそのブログコミュニティーユーザーに対して行っている」という点を、認識する必要があります。

例えば、ネット回線のプロバイダーが提供してくれる無料スペースやブログを活用している動物病院も時々お会いすることがありますが、もしも目的をしっかりと持っていてブログを運用している場合や、動物病院にネットサービスを活用して事業を拡大させたいと真剣に考えている場合などにおいては、とても苦しい選択をしてしまっている状況であると判断します。

これらの点を考えると、日々の生活やライフスタイルなどを共有されていて、ユーザー数も多いアメーバブログは常に動物病院が運用する無料ブログにおいては有力候補とされてしかるべきであると当社は考えています。

動物病院の事業フェーズに合わせた選択を

ここまでの議論についてここで一度まとめてみます。

  • 動物病院でブログを運用する場合は、その目的を明確にする
  • 無料ブログを選択する場合は、属性的に考えてアメーバブログを選択する
  • 事業フェーズに合わせた選択肢を考える

最後の「事業フェーズ」という文言ですが、簡単に言ってしまうと「財務状況」と捉えてしまって問題ありません。

当社としては、基本的には動物病院がブログを運用したいと考える場合には、自社サイトをWordPressで構築し、サイト内にてブログを運用することを提案します。

これは、全てにおいてのベストシナリオで考えた場合に、WordPressの方がアメーバブログよりも圧倒的に自社のWEB集客やWEB活用がしやすいからという理由からの判断です。

一方で、自社サイトにおいて、例えばWordPressなどでブログ機能をサイト内に組み込んだ場合には、全てを自社で考えながら運用をし、検索キーワードにヒットするようにSEOを考え、どのようにユーザーにブログの存在を知ってもらうか等もすべて0から行っていく必要があるので、手軽に手を出すべきなのかどうか、をしっかりと検討する必要があるという現実も存在します。

そうであるが故に、まだまだ余裕がない状況や、その他に投資を行った方が動物病院経営に有益になる場合などに、他を差し置いてWordPressでのブログ運営を優先すべきかどうかについては懐疑的になる必要があるケースも多いと思っています。

結局は、サイトの運用についてのあるべき論で考えてよい状況か否かが重要です。

売上もそれなりにあるが、拡大をしていく希望があり、そのうえで必要なのはまずは獣医の確保であるということが明確な状況下において、「サイト運用は有るべき論からいっても自社サイトに組み込むべし」と考えるのは、経営リソースの配分という観点で考えれば必ずしも正しいとはならないでしょう。

アメーバブログを運用し、長期的にはWordPressなどで自社ブログに移行していくような計画を立てるのが現実的な場合も多いことを踏まえて、多くの選択肢を検討する必要があります。

では、以下にアメーバブログのアカウント開設の流れを記載しておきます。

アメーバブログのアカウント開設

1.アメーバID登録

http://www.ameba.jp/にアクセスをして画面右上の「アメーバID登録」をクリック

2. メールアドレスの登録

画面のスペースに登録をするメールアドレスを入力して、「確認メールを送信」をクリックします。

3. メールアドレスの確認

メールアドレスを入力後、下記の画面のようにアドレスの表示と合わせて「Gmailを確認」と表示される部分をクリックしてください。

「Gmailを確認」という部分は入力をしたメールアドレスと連動して表示されています。outlookやyahooなどのメールの場合には、それらに合わせた表示に変わりますのでご注意ください。

4. 登録メールを確認

登録をしたメールアドレスを確認し、受け取っているメールにて詳細な登録情報入力画面に進みます。

5. 各種登録情報の設定

下記、必要情報を入力し、登録を完了させます。

  • アメーバID:既に使われている場合には使えません。ブログのアドレスになりますので注意してください。
  • パスワード:半角英数のみのパスワードです。
  • 性別:登録終了後、プロフィールの基本情報から非公開設定に変更できます。
  • 生年月日:動物病院の院長の生年月日や動物病院の設立年月日などを設定しましょう。

最後に、「同意して登録」をクリックすると、登録が完了します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

動物病院のブログ活用は、WEB関連を支援している業者からの勧めも多いようで、多くの動物病院が導入をしています。

一方で、本当に意味のある活用ができている動物病院も決して多くは有りません。

なぜそのようなことが言えるかというと、少なくともブログの内容を拝見して目的をもった運用がされていると感じることができるブログがほとんど存在していないという状況である点、または目的をもった運用をしていると感じることができる「ブログの構成の作り方」が、内容から読み取れる目的に沿って運用されていない点などから、わかります。

もしご興味があるようでしたら、一度、ご自身の動物病院のWEBの運用について、第三者的な意見を取り入れてみてはいかがでしょうか?

そこから見えてくる、今後の貴動物病院のWEB集客の形が、きっと存在しているに違いありません。

WEB集客の相談から採用支援までお手伝いします。

現在の動物病院のサイトがしっかりと運営をされているか、問題はないかを無料で診断しております。

また、採用に関するご相談も承っており、採用セミナーなどのご案内もさせていただいております。

まずはどのような点にてお困りか、お気軽にご相談をいただけますと幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社HUMOの共同創業者。外資系投資銀行に新卒で入社し、その後は起業。東京や上海で新規事業の立ち上げなどを行う。成功も失敗も沢山経験し、一度サラリーマンに戻ってみたりと迷走し、再度の独立。その後、株式会社HUMOに参画。基本的にはスキーム作りや企画、戦略立案などがメイン業務。一方で、基本的には自分で色々とやってきた手前、色々と中途半端にできるので結局自分でやろうとします。最近は育児とミラーレス一眼にはまっています。