動物病院のGoogle+ページ開設手順。Facebookより重要かも!?

はじめに

こんにちは。株式会社HUMOの江鹿正行です。

前回のFacebookページ開設手順に引き続き、今回はGoogle+ページの開設手順を詳しく説明させていただきます。

動物病院のFacebookページの作り方

2015.11.25

Google+ページは、現在の主要検索エンジンであるGoogleが運営しているSNSです。

またGoogle+ページに合わせてビジネス登録をすることによって、Googleマップでの位置情報の表示もしてくれるとても有りがたい存在になります。

特に、動物病院にとっては、是非とも抑えたい「地域名 動物病院」などの検索結果には地域名が入ってくるため、動物病院のホームページが検索結果に表示されるのと同時に、近隣の地域に存在する動物病院をプロットしたマップも表示されるため、しっかりとアカウントを作っておくのが最善策となるでしょう。

Google+ページ開設手順

 事前にGoogleアカウントの準備

Google+ページ(Googleマイビジネス)を作成するためには、事前にGoogleアカウントを作る必要があります。

動物病院院長の個人アカウントを利用するという方法ももちろんありますが、Gmailアカウントを先日に記載をしたFacebookページ等のその他SNSの登録の際にも利用できますし、誰かWEB運用担当者に外注をする際などにも、動物病院院長個人のGmailアドレスを利用してしまうと、不都合が発生する場合もありますので、これを機にSNS専用、あるいはWEB関連専用のGmaiアカウントを作成してしまう方が良いかもしれません。

例えば、弊社が例に使っている「HUMOのサンプル動物病院」であれば、humo.sample.ah@gmail.comなどを作るような形です。

※Googleアカウントを作る≒Gmailアカウントを作るとお考えいただいて差支えはございません。

Googleマイビジネスにアクセスしログイン

Googleマイビジネスのページはこちら

ページにアクセスをしたら、「ログイン」をクリック。

「Googleに登録」をクリックすると、結局はログイン画面に進むことになりますので、そのままログインで問題ございません。

業種の選択

動物病院の場合は、実店舗型ビジネスに該当をしますので、枠で囲まれた「実店舗型」を選択しクリックします。

本記事を投稿するに当たり、動物病院における「非店舗型」「ブランド型」でのGoogle+ページ(Googleマイビジネス)の開設の可能性について検討をしてみましたが、どのような形であっても「実店舗型」以外を選択する合理的な理由を見つけることができませんでした。

したがって、動物病院向けとして記事を投稿している本ブログは、あくまでも「実店舗型」を選択した場合における開設手順となりますのでご注意ください。

動物病院の場所を特定

  1. 下記、画像上部に動物病院名を記入し検索をする
  2. 見つけられない場合は、画像下部「名前と住所を正しく入力済み」をクリック
本記事は、説明をするために「HUMOのサンプル動物病院」という実在しない店舗を選択しています。既に動物病院を経営されている場合には、名前を検索しればそのまま場所を特定できる可能性が高いと思いますので、その場合には、当該病院のオーナー権を主張する流れになります。

マイビジネスの基本情報を入力する

上記ステップにて「名前と住所は正しく入力済み」をクリックすると入力した住所の近隣にマップがズームインします。

下記の用に、情報を入力する画面が現れますので、必要な情報を入力し「続行」をクリックして先に進めます。

ビジネスのオーナー権確認プロセス

アップ上にて、動物病院の場所にプロットが発生しているかを確認し、そのうえで「このビジネスを管理する権限をもっており、利用規約に同意します」にチェックをいれて「続行」します。

「動物病院の場所を特定」において動物病院名を検索し、当該病院が既にMAPにプロットされているケースは、こちらのオーナー権の確認の流れにスキップします。

ビジネスのオーナー確認方法について

詳細についてはこちらのページを確認してください。

オーナー確認の方法には4種類あります。

  • ハガキによるオーナー確認:ハガキで住所にアクセスキーが送られてくる
  • 電話によるオーナー確認:電話にてアクセスキーを伝えてもらえる ※一部のビジネスのみ
  • 即時確認:既にホームページをお持ちで、サイトにSearch Console導入済みでオーナー認証が完了している場合に利用可能 ※一部のビジネスのみ
  • 一括確認:10拠点以上有る場合に利用可能

本投稿においては、オーナー確認はハガキで行うことにしてあります。

「ハガキによるオーナー確認」の内容は以下:

「ビジネスのオーナー権確認プロセス」にて「続行」をクリックすると、選択可能なオーナー確認方法が提示されますので、その中から希望のものを選択。

ここではハガキでの確認のみ選択可能になっていますので、「コードをハガキで受け取る」をクリックします。

まだ完了ではありません。ハガキによる確認をクリックすると下記のような画面になります。

画像下方に受取人名を記入し、画面にて住所その他も最終確認の上「ハガキを送付」をクリック。

下記の画面が表示されるのを確認し「続行」にてオーナー権確認プロセスは一旦完了です。

手続き完了後から2週間前後で、ハガキにしてセキュリティーコードが郵送されてきます。

そちらに記載してあるセキュリティーコードをGoogle+ページ(Googleマイビジネス)に入力する場所がありますので、その認証手続きが完了すると、正式なオーナー権の確認が終了となります。

セキュリティーコードの入力

ハガキが届くまでに2週間前後の時間がかかりますので、それを受け取り後にセキュリティーコードの入力を行ってください。

Google+ページ(Googleマイビジネス)のオーナー権確認の手続きを経て、実際にハガキが動物病院に届いた後の手続きについても記載をしておきます。

ここまでステップ通りにアカウント開設手続きを進めている場合、まだGoogleマイビジネスの基盤が既に出来上がっています。

Google+ページ(Googleマイビジネス)のホーム画面にて下の方にスクロールをすると「今すぐオーナー確認」なるボタンが確認できます。

「今すぐオーナー確認」というボタンをクリックすると下記のような画面が表示されます。

枠で囲んでいる箇所に、届いたハガキに記載されている確認コードを入力し「送信」を行えば、オーナー権の確認プロセスが全て完了となります。

Google+ページ(Googleマイビジネス)の情報編集

さて、Google+ページ(Googleマイビジネス)のアカウント開設は既に完了している状況になるかと思います。

既にオーナー確認がおわっている場合と、ハガキの到着待ちの場合もあるかとは思いますが、次は動物病院の情報編集を完了させために当該ページ左上にある「情報の編集」をクリックします。

または、画面の中央右側にある赤いボタン「編集」でも問題ありません。

編集可能な情報の確認

編集が可能な情報は以下になります。

  • 連絡先情報:「電話番号」と「ウェブサイトのURL」を記入します。
  • カテゴリ:※ここでは情報登録時に入力している「動物病院」となっています。
  • 営業時間:時間を入力します。
  • 紹介文:動物病院についての紹介文を入力してください。

編集をする場合には、編集をしたい部分にカーソルを合わせクリックしてください。編集画面で表示されます。

連絡先情報の編集を行うと下記画面がポップアップします。

電話番号は動物病院の固定電話、ウェブサイトのURLは動物病院のホームページURLを記入してください。

記入が完了したら「保存」をします。

営業時間を編集すると下記画面が表示されます。

定休日の選択等も可能ですので、動物病院の方針に従って営業時間の入力をし「保存」をします。

紹介文については、動物病院の紹介文を記入してください。あまり長すぎても読んでもらえないと思いますので適度な長さで完結にまとめるのが良いでしょう。

完了したら「保存」をしましょう。

ここまで入力をすると、基本情報の編集は完成です。

プロフィール写真等を編集

最後に、Google+ページ(Googleマイビジネス)に表示されるプロフィール画像やカバー写真等を登録していきます。

下記、当該ページ左上のメニューより「写真」、または中央右側の「プロフィール写真を追加」をクリックします。

メインの写真:ロゴ

動物病院のロゴ画像の登録を行います。

サイズは250 x 250ピクセル以上にて作成し、下記画像の「ロゴ」をクリックして写真をアップロードしてください。

メインの写真:カバー写真

Google+ページ(Googleマイビジネス)画面で一番大きく表示される写真になります。

Facebookページを作成済みの動物病院であればカバー写真を作成済みかと思いますのでそちらを再度利用するか新規での作成をします。

写真はFacebookページよりも横幅が狭く480 x 270ピクセル以上のサイズで作成をしてください。

下記画像の「ここにカーソルを合わせてクリック」という箇所にカーソルを合わせないとアップロード画面に進めませんのでご注意ください。

メインの写真:プロフィール写真

名前の表示と一緒に頻繁に表示される写真がプロフィール写真です。

こちらのサイズも250 x 250ピクセル以上にて作成してください。

下記画像の「プロフィール」をクリックすると画像のアップロード画面に進みます。

その他の写真

メインの写真以外にも沢山の写真がアップロード可能です。

  • 店内の写真
  • 外観の写真
  • サービスの写真
  • チームの写真

等が、アップロード可能です。

全てをアップロードする必要はありませんが、可能な限り写真を揃えておいた方がGoogle+ページを閲覧した人達へ動物病院の雰囲気をしっかりと伝える効果が期待できます。

最後に

いかがでしたでしょうか?

Facebookページに続いて、動物病院用のGoogle+ページも開設することは出来ましたか?

まだご紹介したい(開設をしていただきたい)SNSサービスはいくつかございますので、それらについても別途、開設方法についての記事を投稿させていただきます。

獣医さん達
いや、そんなにアカウント作っても運用まで手が回りませんが…

このような獣医師先生の声が至る所から聞こえてきます。

いえ、実際にSNS関連の提案をすると弊社も良く上記のようなお叱りの言葉を頂くことがあります。

HUMO
大丈夫です!SNS運用とWEB集客実践にはコツがあるんです!

もちろん弊社にて、運用をさせていただくことも可能ですが、動物病院にて運用をしたいとお考えの場合には一つ一つのアカウント運用ではなく、WEB集客の全体戦略をしっかりと整理をすれば、無駄を省き効率的に運用をすることが可能になります。

効率的な運用方法については、また別の記事にて言及できれば幸いです。

好評につき枠を拡大。可能な限り診断します!

現在の動物病院のサイトがしっかりと運営をされているか、問題はないかを無料で診断しております。

実際のところは…本当にしっかりと診断をさせていただきますので、それなりのお時間を頂戴し責任をもって対応をさせて頂く必要があると考えておりますので、月に2動物病院までしか見ることが出来なかったのですが好評につき社内体制を強化いたしました。

また遠方の動物病院様からのご依頼に応えるべく、スカイプでのコンサルティングも導入いたしました。無料診断と合わせてご利用ください。

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社HUMOの共同創業者。外資系投資銀行に新卒で入社し、その後は起業。東京や上海で新規事業の立ち上げなどを行う。成功も失敗も沢山経験し、一度サラリーマンに戻ってみたりと迷走し、再度の独立。その後、株式会社HUMOに参画。基本的にはスキーム作りや企画、戦略立案などがメイン業務。一方で、基本的には自分で色々とやってきた手前、色々と中途半端にできるので結局自分でやろうとします。最近は育児とミラーレス一眼にはまっています。